ハンデのある子供の特別な能力を引き出す!「発達障碍児療育支援アカデミー」

MENU
ハンデのある子供の特別な能力を引き出す!「発達障碍児療育支援アカデミー」

子育てで自主性や自発性を育む重要性

子育てにおいて頭を抱えている方も多いでしょう。

実際に子育てではいろいろとやるべきことが多すぎて、
「あちらを立てればこちらが立たず」
という状態になってしまうことも多々あります。

その中でも特に意識してほしいのが


自主性や自発性を育んでいく重要性です。

こんにちは
ハンデのある子供の育て方アドバイザー 

咲田栞里(さきた・しおり) です。

・「~しなさい!」ではやる気がなくなってしまう

子育てをしているとついつい「~しなさい!」
と言ってしまう方も多いかと思います。

「お風呂に入りなさい!」「勉強をしなさい!」
「片づけをしなさい!」

……ただ、「~しなさい!」と言われるとやる気がなくなってしまうものです。

今まさに取り掛かろうとしていたタイミングで
「~しなさい!」と言われて、やる気がなくなってしまう
という経験は誰にでもあるでしょう。

一度やる気がなくなってしまうと、
そこからまたやる気を出すのに
かなり苦労することになります。
できる限り、「~しなさい!」と言わないようにしたいところです。

・「どうしたらいいと思う?」と問いかけることが
  自主性や自発性につながる

「~しなさい!」と言いたくなったときには、
あえて「どうしたらいいと思う?」
とお子さんに直接問いかけてみましょう。

親御さん自身もそうだと思うのですが、
問いかけられると人はその場で考えるようになります。
そうすることでやる気を損ねることなく、
自分自身で考えて答えを出すということができるようになるのです。

もちろん、問いかけられたときに
お子さんがどのような答えを出すかは親御さんの日頃の言動なども大きく影響してきます。

親御さん自身もお子さんのお手本となれるように、日々の言動を意識していきましょう。

・想像力を持って
 自分で判断できるような子を育みましょう

「~しなさい!」と言ってしまうと
お子さんのやる気も損なわれてしまいますし、
いわゆる指示待ち人間のようになってしまう可能性もあります。

誰かの指示がなくとも、想像力を持って
自分自身で判断ができるようなお子さんを育んでいくためにも、
子育てにお子さんへの問いかけというものを意識して取り入れていきましょう。

これからの時代は特に自主性や自発性が求められることになります。

お子さんがこの時代を生き生きと生き抜けるような子育てをおこなっていきたいところです。